コウモリ駆除の必要性と方法

コウモリが建物に住みつく事は珍しくなく、コウモリが建物に住みついてしまうと様々な被害が出てしまいます。

住みつきやすい環境としては雨風が凌げて暖かい場所です。


特に近くに食糧を確保できる場所があるとよりコウモリが好む環境になってしまいます。
建物に住みつくには侵入口が必要なので、建物に侵入口となる場所がある事も住みつきやすい要素の一つです。



コウモリが建物内に住みつく事で起きる被害としては糞や尿による建物の劣化や衛生環境の悪化が挙げられます。



コウモリは感染症を持っている事もあるので、細菌を持ち込まれる事で建物を利用する人や住む人に健康被害が出る可能性があります。


持っている可能性がある感染症の中でも最も危険なのが狂犬病のウィルスで人間に感染すると致死率が非常に高くて危険な感染症です。

日本国内では撲滅されていますが、全世界で撲滅された訳ではないので絶対にコウモリが持っていないとは言いきれないので注意するべきです。コウモリ駆除を自分で行う時に注意する事は無理な駆除方法で危害を加えられないようにする事と鳥獣保護法で保護されている動物なので危害を加えたり勝手に捕獲してはいけません。


自分でコウモリ駆除をする時はスプレー状の忌避剤やジェル状の忌避剤が使いやすく効果も高いです。

自分で対処してみて駆除できないと感じた場合はコウモリ駆除をしてくれる専門業者に依頼すると良いです。業者に依頼する時は駆除だけでなく予防策も講じてもらうと再び侵入されるのを防げます。